遺言・相続・成年後見(任意後見)に関する書類の作成     電話:0256-57-3988

業務案内

・遺言作成サポート業務

遺言には法的な効力が認められていますが、遺産を遺言をされる方の思いどおりに相続させるには法的に様々な条件が必要です。当事務所では遺言のご相談~作成~執行に至るまでの手続きをサポートします。

・相続手続サポート業務

「相続」が「争族」とならないために当事務所ではご相談から複雑な相続人調査、煩雑な相続財産の調査、財産目録の作成、遺産分割協議書作成等をサポートします。

・成年後見制度(任意後見)サポート業務

老後の財産管理や、数々の悪徳商法、犯罪から身を守ることができる任意後見制度に関して当事務所ではご相談、書類作成などサポートします。

・各種契約書、内容証明、規則類作成業務

次のような契約書、内容証明、規則類のご相談、作成の対応をいたしております。
(1) 契約書  
 < 例> 不動産売買契約書、動産(物品)売買契約書、金銭消費貸借契約書など
(2) 内容証明 
 < 例> 貸金、商品代金、未払工事代金、解雇予告手当、給料などの各請求
(3) 規則類  
 < 例> 各種約款など

・各種官公署手続業務

次のような官公署手続のご相談、書類作成、手続きの対応をいたしております。
 < 例> 公共物使用許可、農地転用、車庫証明、自動車登録、各種許可更新など

・業務(遺言、相続、任意後見)ご対応地域
新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、聖籠町、弥彦村、阿賀町、関川村、粟島浦村、長岡市、三条市、柏崎市、小千谷市、加茂市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、田上町、出雲崎町、川口町、湯沢町 、津南町、刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市

遺言、相続、任意後見のご相談なら「行政書士 たがみ行政手続事務所」

↑ ページの上部へ

・遺言

はじめに

 遺言というと多くの方はご自身には馴染みがないと思われることでしょう。
でも、次のような際には大いに役立ちます。

 ・財産のことで残された家族の間で、もめてもらいたくない。
 ・身内ではないが、特にお世話になった方に財産を引き継いでもらいたい。
 ・会社、お店、農家を後継者に円滑に継がせたい。 
 ・息子に財産を相続させるかわりに世話をしてもらいたい。

 ここでは遺言の概要を「1.遺言のQ&A」でご説明、そして実際に当所で遺言作成のお手伝いさせて頂く際の順番を「2.当所でのサポート」でご説明します。

1.遺言のQ&A

(1)遺言とはなに?
    自分の死後に残す最後の意思表示のことです。

(2)遺言は誰でもできるの?
    満15歳からできます。でも遺言を書いた人自身、遺言の内容を理解していることが必要です。

(3)遺言には何を書けばいいの?
    基本的には何を書いても構いません。でも法的な効力が認められているのは限られています。
   ・財産に関すること→こういう財産があるとか、実際の財産の分け方など
   ・身分関係に関すること→認知のことなど
   ・遺言の執行に関すること→遺言執行者の指定など

(4)遺言にはどのような種類があるの?
  1) 普通方式
   ① 自筆証書
      ・全文自筆である必要があります。
      ・作成日を記入しなければなりません。
      ・遺言者本人が署名押印しなければなりません。
   ② 公正証書
      ・遺言者が公証人に直接遺言内容を話して作成。
      ・その際2名以上の証人が必要です。
      ・原本は公証役場に20年間または遺言者が100歳に達するまでのどちらか長い年数
       保管されます。
   ③ 秘密証書
      遺言書を封じてその封書を公証人と証人の前に提出して公証人に一定の事項を
      書き入れてもらい、証人と遺言者が署名します。
  2)特別方式
      あと特別(臨時的)な方法として、危急時遺言、隔絶地遺言というものがあります。

(5)遺言が有効になるときはいつ?
    遺言をした人が亡くなったときからです。

(6)遺言が見つかったらどうする?(遺言者が亡くなった後)
    家庭裁判所に遺言の検認の請求をします。どのような用紙でどのような文具で書かれているか、
   あるいは署名や日付はどのようになっているかなどを記録する手続きです。
    検認は遺言の現状を確認する為の証拠を残す手続きですから、
   この請求をしなかったからといって、遺言の効力には影響はありませんが
   後々の相続人同士の紛争を防ぐためにも必要なものです。

(7)誰が遺言の内容を実現してくれるの?
    遺言執行者です。遺言執行者とは、遺言の内容を実現する為に活動する人のことです。
   遺言執行者は相続人の代理人とみなされます。
   相続財産の管理などを行ってくれます。実際には相続人へ財産を引き渡したり、
   不動産があれば登記の移転などを行います。
    遺言の中に遺言執行者が指定されていない時は申立に基づき家庭裁判所が選任します。

(8)遺言を書いておけば思い通りの人に財産は行くの?
    場合によってはそうは行きません。遺留分という制度があるのです。
   これは一定の範囲の相続人が被相続人(遺言者)の財産を一定割合、確保できるというものです。
    遺留分の権利があるのは被相続人(遺言者)の配偶者、直系卑属(こども、孫)、
   直系尊属(親、祖父母)です。

(9)遺言を取り消すにはどうすればいいの?
    いつでも遺言の方法で遺言の一部または全部を取り消すことができます。
   つまり遺言した人が新しく書き直したり、破り捨てたりすることによって取り消します。
    尚、公正証書遺言をしていてこれを取り消すために、また公正証書で作成する必要は無く、
   自筆証書遺言でも構いません。
   でも実際には公正証書遺言を作成した公証人役場で取り消しの手続きを行います。

2.当所でのサポート

   (公正証書にて作成の場合)
   お 客 様   遺言作成サポートのお申し込み
    ↓
   当事務所 ・お客様のご要望、必要な事柄をお聞きします。
        ・同時に必要書類(名寄帳、戸籍謄本など)をお預かり致します。
    ↓   ・推定相続人と財産の確認
   当事務所  ご依頼内容を確認後、お客様にとってより良い遺言となるよう検討し
          提案書(遺言案)を作成いたします。
    ↓
   当事務所  公証人と打ち合わせ。
    ↓
   お 客 様  遺言案をもとに、内容のご確認いただきます。
    ↓
   お 客 様  公正証書作成日に公証役場にお出でいただきます。
    ↓
   お 客 様  公正証書お受け取り後は大切に保管してください。
    ↓
   当事務所  業務完了報告書をお渡しいたします。

※ 遺言をされる方が今は元気だけど、年を重ねていくと財産の管理などが心配とのお話も
    よくお聞きします。
  そのような時に備えて当所では「委任契約」「任意後見契約」のご提案をしておりますので
    お気軽にお尋ねください。

・業務(遺言、相続、任意後見)ご対応地域
新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、聖籠町、弥彦村、阿賀町、関川村、粟島浦村、長岡市、三条市、柏崎市、小千谷市、加茂市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、田上町、出雲崎町、川口町、湯沢町 、津南町、刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市

遺言のご相談なら「行政書士 たがみ行政手続事務所」

↑ ページの上部へ

・相続

 ここでは相続の概要を「1.遺言のQ&A」の形でご説明、そして実際に当所で手続きのお手伝いを
させて頂く際の順番を「2.当所でのサポート」でご説明します。

1.相続のQ&A

(1)相続とはなに?
    相続とは人が死亡した時、その人が持っていた権利や義務を他の人が引き継ぐことです。
  権利や義務を残して死亡した人を被相続人、引き継ぐ人を相続人、引き継がれる権利や義務を
  相続財産(遺産)といいます。

(2)遺産を引き継ぐ人は誰?~法定相続~
  1)法定相続人
    相続人には配偶者と一定の範囲の血族しかなることができません。
   これは民法という法律で規定されておりますので法定相続人と言います。
   血族とはいわゆる血の繋がっている人を言います。
   次に相続人なれる人を見ていきます。
   ・配偶者は常になれます。
     血族は相続順位に従って相続人になります。そしてその配偶者との間に子供がいた場合、
    第1順位はその子供にも相続権があります。
   ・子供がいなければ第2順位は直系尊属(父母など)
   ・直系尊属がいなければ第3順位は兄弟姉妹となります。
  2) 法定相続分(民法で決められている相続分)
   ・相続人が配偶者と子の場合    配偶者1/2 子1/2
   ・相続人が配偶者と直系尊属の場合 配偶者2/3 直系尊属1/3
   ・相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合 配偶者3/4 兄弟姉妹1/4

(3)遺産分割とはなに?
   相続人が複数いる場合にその相続財産をどのように分けるかということです。

(4)相続の放棄とはなに?
  1)相続するかどうかは選べます。
      相続人だからといって必ず相続をしなければならない訳ではありません。
     相続をするかしないかは自分で選ぶことができます。
    ① 単純承認
        これは被相続人の権利や義務を全て受け継ぐことです。つまり
      財産があればその財産を受け継ぎますが、同時に債務があったら債務も引き継ぎます。
    ② 限定承認
       相続した財産で支払える限度においてのみ被相続人の債務を支払うというものです。
      これは相続人全員が共同して家庭裁判所へ申し出なければなりません。
    ③ 相続放棄
       相続放棄をするとはじめから相続人にはならなかったものとみなされます。
 2)相続放棄、限定承認の熟慮期間と手続
    相続人は相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に単純承認、限定承認または放棄を
   しなければなりません。
   ・単純承認は特に手続きは必要有りません。
   ・限定承認と放棄は家庭裁判所に申し出ることが必要です。
   この手続きを行わずに3ヶ月が経過すると単純承認をしたことになります。

(6)遺留分とはなに?
  1) 遺留分
      被相続人の財産処分の自由と残された家族の生活保障とを調和させる制度です。
     一定範囲の相続人に被相続人の財産の一定割合を確保できる地位を与えるものです。
     この一定割合を遺留分といいます。
     この権利を持つ人を遺留分権者と言いますが遺留分を持つことができるのは
     配偶者、直系卑属(子供、子供が居なければ孫)、直系尊属(親)です。
  2) 遺留分の割合
     ① 直系尊属のみが相続人である時は、1/3
     ② その他の場合は、        1/2
     具体的には
     ・直系卑属のみ
     ・配偶者のみ 
     ・直系卑属と配偶者
     ・直系尊属と配偶者
  3) 遺留分減殺請求権
     ① 遺留分減殺請求権とは?
         被相続人が贈与などを多くしすぎて相続人には遺留分さえ財産が残らなかった場合も
        考えられます。
        この場合、遺留分の権利者は遺留分に達するまで遺留分を超えた贈与の効力を
        取り消して、その他の人に渡った財産を取り戻すことが出来ます。
        これを遺留分減殺請求権といいます。この請求を受けた者は原則として
        その財産を返還しなければなりません。
     ② 遺留分減殺請求権の時効
         この権利はその権利者が相続の開始およびこの自分の相続財産の持分を
        侵されたことを知ってから1年、あるいは相続開始の時から10年経過すると
        時効によって消滅します。

2.当所でのサポート

(遺言がなかった場合で一般的な土地と住宅のみとして)
   
   お 客 様  ・相続手続きのお申し込み
    ↓
   当事務所  ・相続人と遺産の確認を行います。
    ↓
   お 客 様  ・相続人による遺産分割協議
    ↓
   当事務所  ・遺産分割協議書、相続関係図等を作成
    ↓
   お 客 様  ・遺産分割協議書をご確認の上、相続人の方々署名捺印
    ↓
   当事務所  ・財産の名義変更(不動産の場合、司法書士依頼)
    ↓   
   当事務所  業務完了報告書をお渡しいたします。

・業務(遺言、相続、任意後見)ご対応地域
新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、聖籠町、弥彦村、阿賀町、関川村、粟島浦村、長岡市、三条市、柏崎市、小千谷市、加茂市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、田上町、出雲崎町、川口町、湯沢町 、津南町、刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市

相続のご相談なら「行政書士 たがみ行政手続事務所」

↑ ページの上部へ

・成年後見(任意後見)

 ここでは成年後見制度を「1.成年後見(任意後見)のQ&A」「2.任意後見の流れ」の形で
ご説明します。

1.成年後見(任意後見)のQ&A

(1)成年後見制度とは?
    判断能力の不十分な方々を保護、支援する制度です。
    この成年後見制度を活用することで判断能力が十分でない場合でも預貯金などの財産管理、
   または自らの世話をしてもらう為に介護施設への入所契約、更には身内に不幸があって
   相続の話をしなければならない時など、対応することが可能となります。
    そして判断能力の限られてしまった方の不利な売買契約などを防ぐことも期待できます。

(2)成年後見制度にはどのような種類があるの?
   成年後見制度は大きく分けると、法定後見制度と任意後見制度の2つが有ります。
   法定後見制度は判断能力が低下した後に利用される制度で判断能力の程度で
  「後見」「補佐」「補助」の3つの区分、家庭裁判所が適切な保護者を選任するものです。
   ここでは主として任意後見制度についてご説明します。

(3)任意後見制度とは?
    本人が充分な判断能力があるうちに将来、判断能力が不十分な状態になった場合に備えて
   あらかじめ、自らが選んだ代理人(任意後見人)に自分の生活、療養看護や財産管理に関する
   事務について代理権を与える契約(任意後見契約)を公証人の作成する公正証書で
   結んでおくというものです。
    任意後見制度は自分の老後は自分で決めたいという方には最適な制度と言えるでしょう。

(4)任意後見人と任意後見監督人の選任は?
 1) 任意後見人の選任
    任意後見人は委任者が自分の意思で信頼できる人を選ぶことができます。
    成人であれば身内の方でも友人でも大丈夫です
    (ただし法律により任意後見人にふさわしくないと定められている場合を除きます)。
    また行政書士、ファイナンシャルプランナー等も選任することもできます。
 2) 任意後見監督人の選任
    任意後見契約は任意後見監督人が選任されることによって効果が生じます。
    任意後見人から職務に関する報告を受けたり、家庭裁判所に報告したり、まさしく
   監督をするのです。

(5)すぐにでも財産管理の事務を任せたいときは?
    任意後見人は家庭裁判所が任意後見監督人を選任されるまで仕事を開始できませんが、
   すぐにでも財産管理の事務開始を希望されている場合は、「任意後見契約」とともに、
   「委任契約」の活用もあります。
   「委任契約」は財産管理について困っている方が、家族や信頼する第三者に事務を委任する契約です。
    「委任契約」から「任意後見契約」に自動的に移行する契約であれば
  ご本人の判断能力が低下する前は、委任契約による代理権を行使、判断能力の低下後は、
  任意後見契約による代理権の行使により、ご本人の保護を円滑に行うことが可能となります。

2.任意後見の流れ

  任意後見人を受けてもらえる人に依頼、承諾
       ↓
  公証役場で任意後見契約締結
       ↓
  東京法務局に登記
       ↓
  判断能力の低下や、認知症の発症した場合
       ↓
  家庭裁判所に申立
       ↓
  任意後見契約内容の実行(財産管理など)
       ↓
  任意後見監督人が任意後見人の職務を監督

※ 当所では任意後見契約に関する書類作成、ご相談を承っておりますので
  お気軽にお尋ねください。

・業務(遺言、相続、任意後見)ご対応地域
新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、聖籠町、弥彦村、阿賀町、関川村、粟島浦村、長岡市、三条市、柏崎市、小千谷市、加茂市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、田上町、出雲崎町、川口町、湯沢町 、津南町、刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市

成年後見制度(任意後見)のご相談なら「行政書士 たがみ行政手続事務所」

↑ ページの上部へ

・ビジネスのお手伝い

1、自動車またはバイクのディーラー様なら・・・

車庫証明、新規登録、移転登録、名義変更、廃車手続(一時抹消、永久抹消)など

2、運送業者様なら・・・

特殊車両通行許可申請、一般貨物自動車運送事業許可申請、特定貨物自動車運送事業許可申請など

3、建設業者様なら・・・

建設業許可申請、決算変更届、経営事項審査申請、入札参加資格審査申請、 産業廃棄物収集運搬業許可申請

・業務(遺言、相続、任意後見)ご対応地域
新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、聖籠町、弥彦村、阿賀町、関川村、粟島浦村、長岡市、三条市、柏崎市、小千谷市、加茂市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、田上町、出雲崎町、川口町、湯沢町 、津南町、刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市

遺言、相続、成年後見(任意後見)、各種ビジネスのお手伝いなら「行政書士 たがみ行政手続事務所」

↑ ページの上部へ

・契約書

ここでは「契約書のQ&A」の形で契約書のご説明します。

1、契約書は必要なの?

    「契約書」を意識しなくても、皆さんは毎日の様に「契約」を行っていると思います。
   毎日の買い物が良い例です。買い物は民法という法律上「売買」という契約に該当します。
   とかく契約書を作らないと契約は成立しないと思われがちですが口約束で原則として
   契約は成立するのです。
   でもお金の貸し借りなどは「消費貸借契約」といい、口約束の他に物の引渡しが無ければ
   契約が成立しないものもあります。
   高い買い物をする時などは後々のトラブル防止の為に作った方が賢明です。
    また契約書で契約の解除とか、損害賠償の事を契約書に盛り込んでおけば、
   トラブルが起こった時に迅速に対応が可能となり余計なトラブルを防ぐ事ができるのです。

2、契約書の書き方は?

   契約書作成のポイントは次のとおりです。
   (1)標題(例 金銭消費貸借契約書)
       この様に金銭消費貸借契約書とか、別の契約形態であれば建物賃貸借契約書、
      売買契約書など具体的に書く必要があります。

   (2)印紙
       印紙税法の定めに従い、印紙を貼る必要があります。
      例えば百万円の貸し借りの契約書でしたら千円の印紙を貼る必要があります。
      但し、この契約書の内容と印紙が貼ってあるかどうかは直接関係ありません。
      それと同じ内容の契約書であっても2通以上作成すれば、それぞれに
      定められた額の印紙を貼る必要があります。また印紙には消印が必要です。

   (3)当事者の表示(例 貸主(甲) 借主(乙))

   (4)目的条項(例 第1条 第2条)
       お金を貸したとか、いつ、いくら返済するなど契約の目的を条文ごとに詳しく書きます。

   (5)後書き(例 上記の通り甲乙間に~)
       契約書を何通作成したかを記入。

   (6)作成年月日(例 平成●●年●月●日)
       絶対に必要な記載事項です。

   (7)当事者の署名押印(例 最下位部)
       これも絶対必要です。

   (8)物件の目録
       不動産の売買、貸し借りでは本文の最後に物件の明細を書き「物件目録」とします。

   (9)確定日付
      契約書を作成した日付を公に証明する場合には、公証人役場に持参して、確定日付を
     押してもらいます。

   (10)契約の解除
     必要とあれば契約を解除することも考えられます。そのような時の為に
    「いつ、どんな時に、どのような行為」があれば契約の解除ができるとの文面をいれておくと、
    スムーズに契約の解除ができます。

   (11)損害賠償
     相手の契約内容の実施が遅れたり、内容が違っていた場合、思わぬ損害を受ける
    場合があります。
    そのような時に相手に対し、損害賠償を請求したい場合に盛り込みます。

   (12)保証・連帯保証
     「契約内容を相手がしなかった時に備えたい」場合等々、保証人などを書いておくのも
    一つの考えです。
    最も多いのが保証人として契約者本人に代わって契約内容を実施する人を付ける場合です。
    金銭消費貸借契約の時によく盛り込みます。

   (13)危険負担
     火事、地震等により、契約者双方に責任がない場合であって、
    契約の履行が不可能になった場合、その責任はどちらが負うかを決めておくことも重要です。

   (14)諸費用の負担
     契約に関して掛かった費用の負担について決めておくと良いでしょう。
    不動産売買の例では、所有権移転登記に必要な免許税、手数料といったものです。

   (15)規定外事項
     契約書に定めのない事が発生した場合どうするか、という事です。一般的に
    「本契約に定めのない事項または本規定に関して生じた疑義については
    甲乙協議のうえ解決する」との文面を入れます。

   (16)裁判管轄
     万が一、トラブルが発生し訴訟になった場合の管轄裁判所の取り決めです。

3、契約書を公正証書にするとどうなる?

    金銭消費貸借契約書を作成する際に公証役場で手続を行って(金銭消費貸借)公正証書に
   しておけば、これは裁判の確定判決を得たのと同等の効果を期待できます。つまり、
   公正証書に強制執行の文言(強制執行認諾文言)が記載されていれば期日までに返済が
   無いときは、裁判を提起することなく強制執行が可能となります。

    契約書を公正証書にすることについても行政書士はご相談を受けていますので
   お近くの行政書士を活用頂ければ幸いです。

・業務(遺言、相続、任意後見)ご対応地域
新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、聖籠町、弥彦村、阿賀町、関川村、粟島浦村、長岡市、三条市、柏崎市、小千谷市、加茂市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、田上町、出雲崎町、川口町、湯沢町 、津南町、刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市

遺言、相続、成年後見(任意後見)、各種ビジネスのお手伝いなら「行政書士 たがみ行政手続事務所」

↑ ページの上部へ

スポーツ事業支援

連絡先

〒959-1512
新潟県南蒲原郡田上町
     羽生田乙635-15
電話:0256-57-3988

メールでのお問合せはこちらから

↑ PAGE TOP